東北大学加齢医学研究所 臨床腫瘍学分野 東北大学 腫瘍内科

研究関係

HOME < 研究業績 < 和文論文 2005年度

和文論文 2005年度

  1. 野水整, 石岡千加史, 竹之下誠一, 阿部力哉: 地域拠点作りの立場から 東北家族性腫瘍研究会の活動. 家族性腫瘍, 日本家族性腫瘍学会, 5: 5-7 (2005)
  2. 酒寄真人, 加藤俊介, 吉岡孝志, 柴田浩行, 加藤誠之, 千葉奈津子, 石田孝宣, 大内憲明, 國井重男, 里見進, 石岡千加史: 外来化学療法の現況と問題点-2 東北大学病院外来化学療法センターの現況と問題点. 日本医事新報, 日本医事新報社, 4233: 38 (2005)
  3. 石岡千加史: 〈論説〉消化器癌の化学療法2005-胃癌・大腸癌-. 宮城県医師会報, 719: 923-930 (2005)
  4. 石岡千加史, 柴田浩行: 用語解説 ノックアウト・マウス. 癌と化学療法, 癌と化学療法社, 32: 652 (2005)
  5. 石岡千加史, 千葉奈津子, 酒寄真人, 下平秀樹: 【それぞれの立場からみた遺伝性腫瘍の現状認識と将来の展望】  遺伝性腫瘍研究の現状と将来 研究者の立場から. 癌と化学療法, 癌と化学療法社, 32: 962-966 (2005)
  6. 石岡千加史: 特集 腫瘍内科 日本の新しいがん診療の体制を目指して 巻頭言. Modern Physician, 新興医学出版社, 25: 1205 (2005)
  7. 石岡千加史: 用語解説 ターゲットバリデーション. 癌と化学療法, 癌と化学療法社, 32: 206 (2005)
  8. 石岡千加史: 用語解説 トキシコゲノミクス. 癌と化学療法, 癌と化学療法社, 32: 652 (2005)
  9. 石岡千加史: 用語解説 ファーマコゲノミクス. 癌と化学療法, 32: 1068 (2005)
  10. 石岡千加史: 用語解説 蛋白質結晶構造解析. 癌と化学療法, 癌と化学療法社, 32: 94 (2005)
  11. 石岡千加史: 外来化学療法 外来化学療法室紹介に当たって. 癌と化学療法, 癌と化学療法社, 32: 1354 (2005)
  12. 石岡千加史: 腫瘍内科/化学療法 ベスト・マネージメントを目指して 外来化学療法. Modern Physician, 新興医学出版社, 25: 1283-1288 (2005)
  13. 吉岡孝志: アルコールと内科疾患 アルコールによる臓器障害 アルコールと癌. medicina, 医学書院, 42: 1585-1587 (2005)
  14. 吉岡孝志: 腫瘍内科の日常診療-各臓器別腫瘍内科医の診療の実際 食道癌. Modern Physician, 新興医学出版社, 25: 1223-1227 (2005)
  15. 千葉奈津子, 石岡千加史 (2005). 乳癌の発癌機構における家族性乳癌原因遺伝子BRCA1の役割. In 平成15年度大和証券ヘルス財団研究業績(第30回). pp. 23-27.
  16. 千葉奈津子, 吉岡孝志, 加藤俊介, 高橋信, 柴田浩行, 加藤誠之, 酒寄真人, 大塚和令, 角道祐一, 大堀久詔, 山浦玄悟, 高橋雅信, 安田勝洋, 石岡千加史: 大腸癌に対するl-LV+5-FU療法の効果および有害反応の検討. 癌と化学療法(0385-0684), 癌と化学療法, 32: 991-995 (2005)
  17. 千葉奈津子: 特別講演会要旨 "The substrates of the BRCA1 ubiquitin ligase and the effects this activity on breast cells". 東北医誌, 東北医学会, 117: 195-201 (2005)
  18. 加藤俊介, 吉岡孝志, 石岡千加史: 外来化学療法 東北大学病院の外来化学療法. 癌と化学療法, 癌と化学療法社, 32: 2002-2003 (2005)

ページの先頭へ戻る

© 2006 Department of Medical Oncology, Tohoku University Hospital All rights reserved.