東北大学加齢医学研究所 臨床腫瘍学分野 東北大学 腫瘍内科

研究関係

東北大学病院

東北がんプロフェッショナル養成推進プラン

和香会

がん情報みやぎ

がん医療の最前線

HOME < 研究室紹介

研究室紹介

(1) 設立理念

癌の内科的治療に関する学理の研究をもって人類福祉に貢献することを目的として本研究分野は1969年に設立された。(当初、前身の抗酸菌病研究所臨床癌化学療法研究部門として設立された。)

(2) スタッフ

研究所に所属するスタッフは、教授1名、准教授1名、講師1名、助教1名(3名とも病院兼務)、東北大学病院に所属するスタッフとして講師1名、助教4名(5名とも研究所兼務)から構成される。

(3) 研究分野

当分野では、難治性癌の制御を目指した癌の薬物療法開発や分子診断・分子治療の技術の開発を研究テーマに基礎的、臨床的研究に取り組んでいる。すなわち、基礎的研究を臨床の場に展開し、また臨床の場で明らかになった問題点を基礎的に検討してゆく従来からの基本路線を継承し、さらに、常に新しい研究手法を取り入れていく戦略を基本とする。診療科である東北大学病院腫瘍内科はその実践の場であり、常時、約20名以上の入院患者や月500人以上の外来患者の内科的治療を担当している。また、他の診療科との共同で、新しい分子診断の実践や集学的癌治療研究に取り組んでいる。

ページの先頭へ戻る

© 2006 Department of Medical Oncology, Tohoku University Hospital All rights reserved.