東北大学加齢医学研究所 臨床腫瘍学分野 東北大学 腫瘍内科

研究関係

HOME < 研究業績 < 和文論文 2007年度

和文論文 2007年度

  1. 石岡千加史, 山田章吾, 柴田浩行, 久道周彦, 安田千賀, 石澤賢一, 五十嵐厚子, 高橋哉子, 伊奈侊子: 東北大学病院 化学療法センター がん診療連携拠点病院指定を取得した特定機能病院の役割. 東北大学病院 化学療法センター, キリンファーマ(株): 1-7 (2007)
  2. 石岡千加史, 二井谷友公, 関谷勇喜, 片谷憲子, 柴田浩行: がん診療連携拠点病院レポート. Oncology Epoch, 東京・中外製薬株式会社, 1: 12-17 (2007)
  3. 石岡千加史: 分子標的薬剤の臨床 その他の分子標的薬. 第45回日本癌治療学会総会Educational Book, 日本癌治療学会, 42: 1177-1189 (2007)
  4. 石岡千加史: 大学における腫瘍内科のあり方. CLINICAL ONCOLOGY, 科学評論社, 1: 19-24 (2007)
  5. 石岡千加史: 抗癌剤の薬剤耐性と感受性. 日本医事新報, 日本医事新報社, 4320: 126-128 (2007)
  6. 石岡千加史: 第40回制癌剤適応研究会. 日本医事新報, 日本医事新報社, 4339: 72 (2007)
  7. 石岡千加史: 東北のがん診療、全体のレベル向上を(インタビュールーム). 厚生福祉, 時事通信社, 5487: 10 (2007)
  8. 池末裕明, 石岡千加史, 長谷川久巳, 井上忠夫: がん薬物療法の専門化と今後のチーム医療. 月刊薬事, じほう, 49: 69-80 (2007)
  9. 柴田浩行, 大堀久詔: 分子遺伝学から見た大腸癌薬物療法の将来展望―大腸癌発癌メカニズムと分子標的制御による化学発癌予防法の可能性―. 東北・大腸癌研究会(学術集会第30回記念誌): 14-26 (2007)
  10. 吉岡孝志: 進行・再発大腸癌に対する化学療法. 東北・大腸癌研究会(学術集会第30回記念誌): 114-121 (2007)
  11. 柴田浩行: Oncogenic Emegrency. 腫瘍内科, 科学評論社, 1: 273-279 (2007)
  12. 大塚和令, 石岡千加史: TP53変異と分子疫学. 癌と化学療法, 癌と化学療法社, 34: 683-689 (2007)
  13. 加藤誠之, 安田勝洋, 西野善一, 大堀久詔, 高橋雅信, 高橋信, 山浦玄悟, 大塚和令, 角道祐一, 千葉奈津子, 下平秀樹, 酒寄真人, 加藤俊介, 鈴木貴夫, 村川康子, 蒲生真紀夫, 柴田浩行, 吉岡孝志, 石岡千加史: 原発不明癌22例の検討. 癌と化学療法, 癌と化学療法社, 34: 1227-1231 (2007)
  14. 大堀久詔, 高橋信, 石岡千加史: 転移性脳腫瘍に対する化学療法の役割. 脳神経外科ジャーナル, 三輪書店, 16: 840-848 (2007)
  15. 坂本康寛, 石岡千加史: 乳癌の分子標的治療 分子標的治療の臨床応用4. 臨床婦人科産科, 医学書院, 61: 1270-1275 (2007)
  16. 柴田浩行(インタビュアー)、和田努(医療ジャーナリスト): 医療 新たな胎動17 抗がん剤治療スペシャリストの不在. 健康保険, 健康保険組合連合: 66-69 (2007)
  17. 吉岡孝志, 他: 第40回制癌剤適応研究会. 日本医事新報, 日本医事新報社, 4339: 75 (2007)
  18. 千葉奈津子, 石岡千加史: 乳癌-基礎・臨床研究のアップデート-家族性乳癌の原因遺伝子. 日本臨床, 日本臨床, 65: 601-605 (2007)
  19. 千葉奈津子, 下平秀樹, 石岡千加史: 生殖細胞変異による遺伝子診断-家族性乳癌BRCA1、BRCA2を中心に. 実験医学(増刊), 羊土社, 25: 39-44(2629-2634) (2007)
  20. 石岡千加史: 第13回日本家族性腫瘍学会学術集会プログラム. 家族性腫瘍, 日本家族性腫瘍学会, 7: A8 (2007)
  21. 酒寄真人, 石岡千加史: MYH遺伝子に稀なSNPを固定した大腸腺腫症の1例. 家族性腫瘍, 日本家族性腫瘍学会, 7: 59-62 (2007)
  22. 石岡千加史, 竹之下誠一: わが国のHNPCC研究―基礎と臨床―. 家族性腫瘍, 日本家族性腫瘍学会, 7: 1 (2007)
  23. 下平秀樹, 高橋雅信, 石岡千加史: 遺伝性非ポリポーシス大腸癌(HNPCC)の原因となる機能欠陥欠損検出. 家族性腫瘍, 日本家族性腫瘍学会, 7: 8-10 (2007)
  24. 千葉奈津子: 家族性乳癌原因遺伝子BRCA1の機能解析. 家族性腫瘍, 日本家族性腫瘍学会, 7: 59-62 (2007)
  25. 下平秀樹, 高橋雅信, 安田勝洋, 柴田浩行, 森谷卓也, 森谷宣皓, 金子聰, 古川洋一, 中村祐輔, 石岡千加史: 典型的な家族集積を認めたHNPCCの一家系. 家族性腫瘍, 日本家族性腫瘍学会, 7: 59-62 (2007)
  26. 柴田浩行: マウス遺伝子工学手法を用いた家族性大腸腺腫症と大腸癌発癌メカニズムに関する研究. 家族性腫瘍, 日本家族性腫瘍学会, 7: A29 (2007)
  27. 柴田浩行, 大堀久詔, 角道祐一, 佐藤温子, 岩渕好治, 石岡千加史: 食品に由来する化合物の新規類縁体を用いた化学発癌予防. 家族性腫瘍, 日本家族性腫瘍学会, 7: A23 (2007)
  28. 加藤俊介, 福井忠久, 吉岡孝志, 石岡千加史: 東北大学病院化学療法センターの取り組み 教育機関およびがん診療連携拠点病院としての活動について. 医学のあゆみ, 医歯薬出版株式会社, 222: 1117-1121 (2007)
  29. 加藤俊介, 吉岡孝志, 石岡千加史: 外来化学療法センターのシステム構築-東北大学病院化学療法センターの例-. 臨床外科, 医学書院, 62: 603-611 (2007)

ページの先頭へ戻る

© 2006 Department of Medical Oncology, Tohoku University Hospital All rights reserved.