東北大学加齢医学研究所 臨床腫瘍学分野 東北大学 腫瘍内科

研究関係

HOME < 研究業績 < 和文論文 2010年度

和文論文 2010年度

  1. 高橋俊二,石岡千加史:腫瘍治療・遺伝子治療・バイオマーカー. JAMTTC News Letter 14:46(2010)
  2. 石岡千加史(監修):発刊にあたって. JSMO2010Highlight消化器癌編 12(2010)
  3. 石岡千加史(企画協力):第8回日本臨床腫瘍学会 がん診療連携拠点病院地域連携例を紹介. Medical Tribune 43:13(2010)
  4. 石岡千加史:抗体療法の進歩と問題点 固形腫瘍を標的とする抗体療法. 日本内科学会雑誌 99:2165-2171(2010)
  5. 石岡千加史:放射線治療医と腫瘍内科医の接点. JASTRO NEWS LETTER(日本放射線腫瘍学会) 2:16-17(2010)
  6. 石岡千加史:臨床研究における利益相反開示の背景と利益相反ポリシー. 血液・腫瘍科 60:239-244(2010)
  7. 石岡千加史:転移性大腸癌における化学療法、ベバシズマブとセツキシマブ(転移性大腸癌治療における2つの抗体薬の併用―結果は期待はずれ). CRITITAL EYES ON CLINICAL ONCOLIGY 33:3-4(2010)
  8. 安井明,戸井雅和,石岡千加史:DNA 修復とがん治療の分子標的-基礎と臨床-. がん分子標的治療 8:6(82)-17(93)(2010)
  9. 坂本康寛,石岡千加史:消化器癌の終末期の臨床像(Common symptoms in advanced gastrointestinal cancer). 臨床外科 65:1216-1222(2010)
  10. 加藤俊介:稀少がんの臨床5)腹膜中皮腫. 腫瘍内科(CLINICAL ONCOLOGY) 6:527-532(2010)
  11. 加藤俊介:TS-1/CPT-11併用療法(TS-1 2週投与1週休薬 d3-16、CPT-11 d1法)PhaseⅠ/Ⅱstudy-T-COREregimen-. 大腸癌 DIF MEETING 2010 7(2010)
  12. 下平秀樹,小峰啓吾,添田大司,石岡千加史:進行再発大腸癌における抗EGFR抗体薬の適応 宿主ADCC活性と抗EGFR抗体. 癌と化学療法 37:795-798(2010)
  13. 森本哲, 島崎千尋, 高橋聡, 吉川浩平, 黒田梨恵, 脇田久, 小林裕, 金兼弘和, 秋山聖子,今宿晋作:JLSG-02に登録された成人例の多病変型ランゲルハウス細胞組織球症(LCH)の中間報告 編 臨床血液,1078,2010年

ページの先頭へ戻る

© 2006 Department of Medical Oncology, Tohoku University Hospital All rights reserved.