東北大学加齢医学研究所 臨床腫瘍学分野 東北大学 腫瘍内科

研究関係

HOME < 研究業績 < 和文論文 2015年度

和文論文 2015年度

  1. 西條憲,石岡千加史:分子標的治療薬の長所と短所.産科と婦人科 83.63-68. 1月1日(2016)
  2. 高橋昌宏:高齢者に対するがん治療と臨床試験5)高齢者胃がん・大腸がん.腫瘍内科 16.414-420. 11月28日(2015)
  3. 石岡千加史:ドクター必読の専門書.艮陵新聞 291. 10月31日(2015)
  4. 佐藤悠子,宮下光令,藤森研司,中谷純,藤本容子,栗原誠,佐藤一樹,石岡千加史:東北大学病院における5大がん入院患者の終末期医療の実態 DPCデータを用いた方法論の確立.Palliative Care Research 10.177-185. 9月(2015)
  5. 佐藤悠子,宮下光令,藤森研司,中谷純,藤本容子,栗原誠,佐藤一樹,石岡千加史:東北大学病院における5 大がん入院患者の終末期医療の実態:DPC データを用いた方法論の確立.Palliative Care Research 10.177-185. 8月12日(2015)
  6. 渡邊桂子,菊地正史,木皿重樹,小笠原喜美代,久道周彦,石田孝宣,鈴木直人,村井ユリ子,島田美樹,富岡佳久,石岡千加史,眞野成康:乳がんFEC100療法におけるホスアプレピタント注とアプレピタントカプセルの有効性と安全性の比較.医薬品相互作用研究 39.29-35.8月(2015)
  7. 工藤千枝子,二井谷友共,和田仁,佐藤悠子,市川園子,井上正広,杉山克郎:悪性腫瘍による脊髄圧迫に対する診断から放射線治療開始までの遅延の後方視的解析.Palliative Care Research 10.305-309. 7月21日(2015)
  8. 岸野恵,木澤義之,佐藤悠子,宮下光令,森田達也,細川豊史:大学病院入院中のがん患者の突出痛の頻度に関する予備調査.Palliative Care Research 10.155-160. 7月21日(2015)
  9. 石岡千加史:がん専門医療従事者の養成と地域格差.宮城県医師会報 833.434-435. 6月1日(2015)
  10. 石岡千加史:勤務医のページ がん専門医療従事者の養成と地域格差.宮城県医師会報 434-435. 6月(2015)
  11. 大内康太,高橋信,石岡千加史:Ⅱ.副作用別対策 消化器毒性.がん分子標的治療 13.53-59. 4月3日(2015)

ページの先頭へ戻る

© 2006 Department of Medical Oncology, Tohoku University Hospital All rights reserved.