東北大学加齢医学研究所 臨床腫瘍学分野 東北大学 腫瘍内科

学生及び研修医の皆様へ

東北大学病院

東北がんプロフェッショナル養成推進プラン

和香会

がん情報みやぎ

がん医療の最前線

HOME < 初期研修

腫瘍内科初期研修

(1) 自由選択研修プログラムにおける研修内容等

 a) 定 員 2名

 b) 指導体制 教授1名、准教授2名、講師1名、助教6名、特任助手1名

 c) 到達目標

抗がん剤の副作用対策や進行がんの合併症の対策など、がん薬物療法の施行、進行がん患者の全身管理ができるようになる。また、臨床試験に伴う社会的、倫理的問題を 理解し、さらに終末期患者の心理的ケアなども行える腫瘍専門医として有為な人材となるよう、多面的な医師としての素養を涵養する。

 d) 研修内容及び方法

具体的な習得内容

  • 消化器がん化学療法の治療計画
  • 抗がん剤副作用対策
  • がん薬物療法効果判定
  • がん治療における緊急処置
  • がん性疼痛対策
  • 地域医療、在宅医療との連携 など

参加する活動内容

診療グループの一員として化学療法に携わる。
がん薬物療法効果判定のための各種検査(上・下部消化管内視鏡・消化管透視、腹部エコーなど)に術者として参加。
中心静脈カテーテル埋め込み術者・助手として参加。
治療計画作成のための当科及び他科合同カンファレンス・抄読会への参加。

研修協力/*診療科及び病院での研修内容

大崎市民病院 腫瘍内科
石巻赤十字病院 腫瘍内科
仙台医療センター 腫瘍内科
東北労災病院 腫瘍内科
みやぎ県南中核病院 腫瘍内科
消化器がんを中心とした薬物療法について、主治医グループとしてその計画立案から、インフォームドコンセント、実施、効果判定まで行う。

(2) 当診療科における研修教育スケジュール

臨床腫瘍学の進歩に即した、がん薬物治療に精通する優れた医師を養成するという目的に沿って研修することになり、各時点での専門医として習得が求められる研修内容は変化する。概ね、がん薬物療法総論や実際のがん薬物療法副作用対策、がん薬物療法効果判定、がん薬物療法の臨床試験等の内容を通して、がん薬物治療に必要な、臨床的知識と倫理性、臨床試験の在り方を習得する。

(3) 研修担当者(責任者)

興味のある方は御連絡ください。
教育担当主任 高橋 昌宏
E-mail:masahiro.takahashi.d1(at-mark)tohoku.ac.jp
Tel 022-717-8547 / Fax 022-717-8548

ページの先頭へ戻る

© 2006 Department of Medical Oncology, Tohoku University Hospital All rights reserved.